「作品」の記事一覧

【俳句連作20句】あいまい
あいまい春や春クリームぴゆと出ぴゆと戻り踊り子の臼歯の見えて芽吹きけり春嶺やためらふごとく小舟出て嫩草の絵双紙に人迷ふなり四十より先あいまいに青き踏むおほかたは軽トラ白し竹の秋撮られをり葉柳の端かろく持ち案内の終はりて庭へ日傘散糸長く垂れ…
俳句LINEスタンプについて
俳句トークやLINE句会などに使えそうなLINEスタンプをLINEストアにて販売中です。 【こちらからご購入できます】 https://store.line.me/stickershop/product/9868771/ja リリースより2年以上たっていますが、今も時々ご購入いただけること、ありがたく思っ…
【俳句10句】2021年 自選10句
シルバニアファミリー狐火のあかちやん春あさし毒物学の書に附箋らんちうやUSBにうらおもてスタントの古傷あらは田を植ゑて百物語友達に淡き熱氷苺食べ終へ舌のおめでたしはまなすや玉手箱よりうすあかり指先にひとつぶのラメ台風圏蝦蛄葉仙人掌狆二匹人…
【俳句25句】俳句のアドベントカレンダー 2021
【俳句連作20句】果て
果てきちかうを切れやすき刃と思ひけり見開きにあふるる曼殊沙華の昼秋園をなぞりて疎なる竹箒蛍草半身づつ傘溢れをり身にしむや線路を挟み草と草とろろ汁河馬の強さを教へらる笹鳴や栞代はりに挟む箸四肢ソファを少しはみ出し雪催枯芙蓉どの鏡にもあなたか…
【短歌連作5首】新聞ラジオ
野良猫と原付のあふれる街だ拾い煙草にまた火をつけて長葱がペンキの空き缶から伸びてみんな折れてる 怒鳴らないでよ人の死ぬ新聞人の死ぬラジオ鹹豆漿に浸す揚げパン明日には他人になるのかもしれない君のほくろにピアスを開ける泳げない海その先の淡い虹…
【俳句・短歌・自由詩複合作品】生活/排水
 【俳句・三句】 流されて雛体温を失ひぬ蛭のゐる淀みじつくり乾きけり真鰯は光の束や切り開く 【短歌・三首】陽に濡れて女が二人もたれ合う生活福祉一課のベンチ「ありがとう」と言われ続けた生水を飲んだら春の海ばかやろうHey Siri 今日は何人救っ…
【俳句連作30句】かく・きく
かく・きく梅一輪落ちて淀みを私すふらここのよぢれて戻らない鎖作業着に血液型を書く四月春はあけぼのボールペンシャープペン満天星の花等しくは愛されぬ絵本から羽ばたく音のする午睡白繭のわづかな重さおそろしくあぢさゐや曲線多き試し書き野茨が視覚を…
【短歌30首】生きてゆこうね
生きてゆこうね太陽の顔に似ている拗ねた頬おいで一緒に映画を見よう自転車を静かに濡らす雨のようでしたあなたの零す米粒紙ナプキン丸めて突っ込まれているおそらく牛丼を食べた器ああそうだよ運動会やりたかったし俺が念じて雨を止ませた秋の雨長くて起承…
【俳句連作15句】傾いて点く
傾いて点く噴水の果ててこれより夜となる提灯の傾いて点く夏の暮ラーメンの伸び膨らむや遠花火誘蛾灯踊つてゐるときはひとり蟻地獄ゆくらゆくらと母眠る町に煙突卓上に香水瓶秋ちかし始発電車の音だらうペットボトル外階段に沿ひ溽暑網戸破れてカーテンの奥…